過去には一瞬で巨額の富を得た株トレーダーが存在します。もしかしたらそんな幸運をあなたも掴むことができるかもしれません。

  • ホーム
  • 株取引を行なう上で注意すること

株取引を行なう上で注意すること

折れ線グラフ

株取引は元本割れのリスクのある資産運用です。
投資家は企業の決算や今後の経営方針または経済ニュースによって、業績が伸びそうな銘柄を選びます。
しかし、将来は有事や競合他社に負けるなど、多くの不確定要素があり、将来的に伸びると評判のあった企業が1年もしないうちに、経営状態が悪い企業に変わることがあります。
株取引を行なう上で注意することは利益を得ることよりも、損失を最小限にすることを心掛けることです。

利益を得ることを考えると、優良銘柄だから、株価が上がると思い込んでしまい購入することがあります。
優良銘柄は増収増益を織り込んでいるケースが多く、決算発表が予想よりも低い増収増益だと、株価が大きく下落する可能性があります。

損失を最小限にするように心掛けると、業績の見通しが良好で、PBR、PER、ROE、売上高純利益率からボロ株などの割安銘柄を選ぶことです。
決算発表が予想より悪くても、もともと割安なので、株価が大きく下がるリスクは小さいといえます。

投資全般にいえることですが、冷静な判断も重要なことです。
優良銘柄は投資家の注目を浴びて注目株となるため、一日の取引量が多く、株価の値動きが大きいため、短期的な利益を得ようと考えると優良銘柄を購入したくなります。
逆に、割安銘柄は投資家が注目していないため、株価があまり変動しません。
ただ、投資家が注目し始めると、株価が急上昇する可能性が高くなります。
投資家がいつ注目するようになるのか、時期が明確でないため、長期的に割安銘柄を保有しなければいけません。
また、投資家に注目されても、利益になったから、すぐに売るのではなく、冷静になって、割高感がでるまで売らないようにすることも重要です。